港南台家光クリニック

港南区の糖尿病専門クリニックなら港南台家光クリニック

〒234-0054 神奈川県横浜市港南区港南台6-33-35
TEL 045-833-0008
※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

シックデイ

シックデイ

シックディ

糖尿病で薬物治療中(内服やインスリン)の方が、発熱・下痢・嘔吐を起こしたり、食事が十分に取れなかったりする場合を『シックデイ』といいます。
うまく血糖コントロールができない場合があり、特に注意が必要です。

病気などでストレスが加わり、発熱・下痢・嘔吐がつづくことで、脱水や高血糖も起こしやすくなります。また逆に食事が取れないことで低血糖になることもあります。

病気が回復するまで、糖尿病の内服薬やインスリンを中断する方が多いのですが、それはよくありません。特に1型糖尿病の方は、絶対にインスリンをやめないようにしましょう。
安静と保温に努め、みそ汁やスープなどで水分やミネラルを補給して、消化のよい炭水化物(おかゆやうどんなど)をなるべく取るようにしてください。

食事を取れないことは、ケトアシドーシスになる原因の一つです。
特に1型糖尿病の方は、高血糖によるケトアシドーシスを起こしやすいため、普段よりも頻回に血糖値を測定するよう心がけてください。

また、高齢の方は高血糖でなくても、脱水により昏睡に至ることがあります。
水分はのどが渇いていなくても、こまめに取るようにしましょう。

食事が半分以上食べられれば、内服薬もインスリンも通常どおり使用して大丈夫です。
高熱や血糖値350ml/dl以上の高血糖がつづいたり、食事や水分摂取ができなくなったら、早めに病院に連絡をお願いします。